【CAR SNPA in U.S.A.】日々カスタム進行中のハードコア仕様ジープ〈’16 JEEP RUBICON〉

CAR SNAP

【CAR SNPA in U.S.A.】日々カスタム進行中のハードコア仕様ジープ〈’16 JEEP RUBICON〉

Prev

【CAR SNPA in U.S.A.】日々カスタム進行中のハードコア仕様ジープ〈’16 JEEP RUBICON〉

Next

OWNER:Ali Sedaghat

日本のチューニング誌〈OPITION〉のアメリカ支局でも働いていたことがあるというALI。今では自身のアウトドアアパレルブランドを展開するビジネスマンだが、そんな彼が愛して止まないのがこちらのジープだ。

ご覧のとおりフルカスタマイズされ、インテリア、エクステリアはもちろんエンジンもシボレーの5.8L V8 LSエンジン、TERMEC TR/4050 5スピードマニュアルミッションが組まれている。

2週間に1回は砂漠に走りにいき、特に石がゴツゴツしている場所を走るRock Crawlingも実践しているそう。そのため、Bilisteinのデュアルサスペンション、スプリングにはEibach社製をチョイスしている。

ルーフトップテントはiKamper Skycamp mini。サイドにはKickassのシャワーカーテン。44Lのハイドロシステムウォータータンクをルーフラックに装着。本格的なオーバーランドスタイルに仕上がっている。

KCのLEDライトバーは若いオーバーランダー系の人たちの間でも人気のアイテム。EVOマニファクチャリングのフロントバンパーには、悪路走行に欠かせないWARNのウィンチを装着。タイヤは極太PATAGONIA38/13.50/17。

シート裏にはあちこちで飲んだビール瓶の王冠をコレクト。天井にはオーバーランダーたち定番のペタペタワッペン。特に意味はないそうだが、趣味全開でクールだ!
近いうちに、ボディのラッピングも全てチェンジするそう。次もカモフラージュらしいが、どんな柄になるのかも楽しみだ。

Photo & Text / YAS TSUCHIYA
MFL vol.13 趣味人たちが乗るスタイルのあるクルマ 掲載