ミリタリー好きなら押さえておきたい! アメリカ発〈ストリートタクティカル〉ブランド5選

FASHION

ミリタリー好きなら押さえておきたい! アメリカ発〈ストリートタクティカル〉ブランド5選

Previous

ミリタリー好きなら押さえておきたい! アメリカ発〈ストリートタクティカル〉ブランド5選

Supremeの元マネージャーらによって組織されるDEFCON が、VANSと初めてコラボレーションして大きな話題となったのが2013年。以来、米軍関係者が中心となり、静かにブームの規模を広げてきたのがタクティカル×ストリートファッションの世界だ。

ここ日本において、現時点ではまだ知る人ぞ知る的な位置付けだが、米国ではすでにかなりの人気で、ムーブメントにもなりつつある。今回は、そのブームの立役者的なブランドをご紹介!

01
DEVGRU隊員が創りあげた最注目ブランド
〈GBRS GROUP〉

2019年に3人の元DEVGRU(“Tier1”と呼ばれる米軍特殊部隊のなかで最強レベルの組織。別名“SEALs TEAM6”)隊員の手によって設立されたブランド。タクティカルトレーニングのコーチングとギア・アパレルの販売を行っている、今最も注目したいブランドのひとつだ。

スケートボードやヘビーメタルをバックボーンとする彼らが、ミリタリーブーツの代わりにVANSを履き、カジュアルな出立ちでタクティカルトレーニングを行う姿がSNSにアップされると瞬く間に米国で話題となり、今ではグッズを発売すると瞬く間に完売となるほど。タクティカルシーンにファッションを取り込んだ火付け役的な存在だ。Instructor Pullover Hoodie/¥12,200MILITIVE http://militive.co.jp

02
ストリート×タクティカルカルチャーを体現する大人気ブランド
〈QILO TACTICAL〉

2013年、〈QILO〉のタクティカル部門として誕生。一般的なアパレルブランドと同様に各シーズンごとにコレクションを発表し、オリジナルファブリックや独自パターンの開発、使用を精力的に行っているという意味で、他のタクティカルブランドとは一線を画す存在。

米国で人気の理由は、ベーシックなプロダクツにほんの少しミリタリーエッセンスをプラスする絶妙なセンスと、クリエイティブワークの秀逸さ。不定期でリリースされる他のタクティカルブランドとのコラボアイテムは発売後すぐに完売するほどの人気ぶりだ。ストリート×タクティカルが好きならまず押さえておいて間違いないブランドだ。Convertible Pouch Rhodesian Brushstroke/¥8,800MIL FREAKS  www.mil-freaks.com

 

03
コーヒーは絶品! それ以外は悪ノリ全開なライフスタイルブランド
〈BLACK RIFLE COFFEE COMPANY〉

米軍特殊部隊(グリーンベレー)や米空軍戦術航空統制班(TACP)の元オペレーターらが集まり、2014年にスタートしたコーヒー及びライフスタイルブランド。米国では、今年の3月にニューヨーク証券取引所に上場を果たすなど、人気沸騰中のブランドでもある。

アフガン派遣時にも基地にエスプレッソマシンを持ち込むほどのコーヒー愛好家であったエヴァン氏が手がけるアパレルや小物、ミリタリーモチーフにコーヒーをクロスオーバーさせたデザインが魅力。コンテンツ配信にも力を入れており、同ブランドのオリジナルウェアを着た元特殊部隊員たちによるユーモア溢れる動画は必見! Tactisquatch T-Shirt/5,500BLACK RIFLE COFFEE JAPAN  www.blackriflecoffee.jp

 

04
現役SEALs隊員にも愛されるコロナドビーチ発のサーフブランド
〈URT URT!〉

米西海岸コロナドビーチで2014年にスタートしたサーフブランド。コロナドにある海軍基地は米海軍特殊部隊SEALs2大拠点のひとつであることから、同ブランドはSEALsとの結びつきが非常に強いのが特徴だ。

SEALsを連想させるアザラシ(英語でSEAL)のロゴは隊員たちによって好まれ、彼らから要望を受けて製品が作られることもあるほど。主力商品であるキャップやシェード、プリントT シャツは西海岸のサーフスタイルにミリタリーのテイストを加えたデザインが特徴だ。現役隊員やその家族を支援するC4財団のグッズも販売している。“SEALDad’s Classic Cap/¥3,500MIL FREAKS  www.mil-freaks.com

 

05
タクティカルなカジュアルウェアを突き詰める気鋭ブランド
〈VIKTOS〉

退役軍人や兵役経験者をアドバイザーに迎え、オリジナルファブリックの開発も積極的に行っている2017年誕生の気鋭ブランド。ウェアからギア、シューズまでをトータルでリリースしている。

ウェアに関しては、見た目はベーシックでありながら、よく見ると細かな機能が搭載されているものが多く、カジュアルウェアとしてはもちろんのこと、トレーニングシーンで活用できるものが多い。アメコミやハリウッド映画へのオマージュを込めたシニカルなSNS投稿もファンの間では人気。Ruck Recovery Slide Sandal/¥9,900(ファントム通信販売部 www.phantom-web.com

Photo/Eiichi Henna  Styling/Takahiro Nakajima  Edit&Text/Covo Tagata  Test/Tatsuya Endo 

MFL Vol.13〈米国“ストリートタクティカル”ブランド9選〉掲載より抜粋※価格は掲載時のもののため、異なる場合があります